どのようなものがある?

キャットフードの中には、動物性のタンパク質を使って作られているものもあります。中には、そのおよそ8割がたんぱく質であったり、穀類の使用量を抑えて作られているもの、或いは穀類を使っていないものなどもあります。動物性のタンパク質がたくさん含まれていると、その分味や香りも良く、猫の食いつきが良いといったメリットもあります。つまり、タンパク質が多いキャットフードであれば、猫が美味しいと感じてくれるのです。

猫が一日に必要なタンパク質は、食事のおよそ3割程度だと言われています。ここが、私たち人間と異なる点です。猫が必要としているタンパク質は、筋肉や血液などを作るために必要なほか、大切なエネルギー源でもあります。タンパク質が不足してしまうと、成長に問題が現れたり、病気になることもありますので注意が必要です。

しかしながら、やはり与えすぎてしまえば太る原因になります。キャットフードを与えるときは、必要量を理解し、きちんと計量するようにしましょう。市販のキャットフードなら、カロリー計算も楽ですし、バランスよく栄養素が含まれています。毎日の食事に与えるなら、「総合栄養食」と記載されているものを選ぶと良いでしょう。